五百十四話 OVER THE STRIPES

一緒にもの創りをしていて、楽な気分でやれる人とそうでない人がいる。
相性と言ってしまえばそれまでだが。
なんせ我の強い人間で成立っている業界だから、鬱陶しい場合がほとんどだ。
その中で、Over The Stripes の大嶺保さんは、数少ない相性の良いひとりだったと思う。
だが、互いの仕事のやり方はまったく異なる。
僕は、くだらない細部にまでグダグダと凝ってしまう。
大勢に影響がないと分かっていながらもやめられない。
凝っているうちに、到達すべき目標を見失ってしまうことさえある。
多分、脳の出来があまりよろしくないことが問題なのだと自覚している。
その点、大嶺さんは違う。
ひとつの目標を定めると、それに係わりのない要素は過程においてすべて捨て去っていく。
だから、仕上がった服を前にすると、当初なにをしたかったのか?が、ひとめで理解できる。
もの創りでは、端的であることは大きな武器になると思う。
最短距離で、最大の効果を得られるのだから。
多分、脳の出来がとてもよろしいのだろう。
こうした賢者と愚者がともになにかひとつのものを創ると、思わぬ効果がうまれたりする 。
それが面白くて、よくご一緒させてもらった。
以来、稼業を終えた今でも Over The Stripes の服を普段からよく着ている。
夫婦ともに気に入っている。
今は、これ。
「大嶺さん、このシャツ良いよね」
「いや、それカーディガンだから」
どう見ても、でっかいシャツなんだけど。
暑ければ鞄に突っ込んでおいて、肌寒ければ出して羽織るといったアイテムらしい。
その出し入れによって生じる皺についても一考されていて。
敢えて良い具合の皺が寄るような生地設計がなされている。
九九%の綿に、僅か一%のポリウレタンを混ぜることで意図的に計算された皺を表現できる。
都会の暮らしのなかで最上のツールとして服はどうあるべきか?
冷静に考察したひとつの答えが、 Over The Stripes によって導かれているような気がする。
過剰機能にも過剰装飾にも無縁な Over The Stripes 。
それは、言い換えれば REAL TOKYO CLOTHES なのかもしれない。
先日、二〇一八年秋冬コレクションを観に代官山のアトリエをお邪魔した。
ちょうど近所に住むお友達の方々も家族で大勢いらしていて。
ご夫婦にお子さん達、気取らない普段着の格好良さはまるでファッション誌を眺めるようだった。
実際にプロのモデルだというお母さんもおられたけれど。
日常のようで、非日常。
表層に過ぎないのかもしれないが、今の東京の姿がそこにあった。

そしてまた、OVER THE STRIPES の存在もそこにある。

Category :

五百十三話 SUPER KABUKI ! ! !

市川猿之助のスーパー歌舞伎は、歌舞伎なのか?演劇なのか?
” ONE PIECE “
公演中日、大阪松竹座で観た。
正直、そんなのどっちでもいいわぁ!
空前絶後、抱腹絶倒、無茶苦茶面白い!
一張羅着て、大枚叩いて、時間を費やして、晩飯を幕間の弁当で済ませて、それでも楽しい。
いや、それすらも楽しい。
興行師の一族に生まれて育ったくせに、芝居の「し」の字も解さない残念なおとこでもそう思う。
これが、市川猿翁が世に送り出したスーパー歌舞伎か!
とにかくド派手!
歌舞伎座とブロードウェイとユニバーサル・スタジオを一気に巡ったような感覚。
それでいて、ドタバタの活劇に終わらないところがまた凄い。
浮世の喜怒哀楽を、どっしりとした構えで魅せてくれる。
「静」と「動」
芝居の醍醐味を余すところなく演じ、軽妙でいて培われた風格品格は微塵も損なわない。
絶賛とは、このような興行にこそふさわしい言葉なのだと想う。
それにしても、これだけの大芝居となると座内の方々も命懸けで挑まれているのだろう。
半年前の東京公演で、座長である猿之助さんの身にその事故は起こった。
舞台装置に巻き込まれ、腕を複雑に骨折された。
激痛の中、猿之助さんは声を飲み込まれたそうだ。
まだ席に観客が残っておられて、その気づかいから耐えられたのだと聞く。
当代 云々と評される役者の性とはそこまでのものなのか?
半年後、ご自身の奇跡的復活をルフィの台詞に被せて客席へと告げられる。
漫画 ” ONE PIESE ” は、希望の物語であるが、傷だらけの物語でもある。
満身創痍の復活劇を、ご自身に重ねられて演じられたのかもしれない。
また、市川右團次さんは、エドワード・ニューゲート役を演じられた。
別名 “白髭 ” は、海賊としての矜持を次世代に繋いでいくことを祈りながら果てていく。
これもまた、歌舞伎という古典をその身に受けて継いでいかねばならない自らの身上を想起させる。
“白髭 ” 役は、歴代の名役者が代々纏ってきた ” 義経千本桜 ” 平知盛のあの装束で演じられる。
この舞台が、歌舞伎の遺伝子によって成っているのだという確かな証と覚悟が迫る一幕だった。
公演ど真中なので、これ以上語れないけれど。
漫画 ” ONE PIESE ” と古典歌舞伎は、なにかと筋が似ていて相性がとても良いように想えた。
そして、特殊効果、映像、照明、宙乗り、早変わりなど、見どころは尽きない。
これらについては、さらさら言えない。
ただ、二巻の終盤だけ一言申し上げておきます。
舞台前数列に陣取られるおつもりの方々、くれぐれもお着物にご注意を。

空から何かが半端なく降ってきます。

Category :

五百十二話 桜です。

今年も咲いて、散った桜。
ちょっとご披露しておきます。

京の北山に咲く桜。

そして、海辺の家に咲く桜。

ってことで、また来年に。

Category :

五百十一話 名残りの珈琲

五百十話「異人街」の続きです。
神戸山本通りを東に向かいながら、ハンター坂までやってきたけど。
ねぇなぁ、喫茶店は。
こうなったら、坂を下っていつもの「にしむら珈琲」にした方が良いかもしれない。
ハンター坂が山本通りに突き当たる角に一棟の旧い雑居ビルが建っている。
昔から建っていて、店子は入れ替わっているものの今もまだ建っていた。
そして、外階段の上り口には、「坂の上の珈琲店 BiVERE 」の看板が。
このビルに珈琲屋なんてあったかな?
あったような気もするし、なかったような気もするけど、とにかくここに入ろう。
もう煙草が吸えて、珈琲が飲めれば、それだけで良い。
二階に BiVERE は在る。
神戸の旧い喫茶店にはよくありがちな木調の構えで、取立ててどうということはない。
扉を開けると亭主が、カウンター越しに。
「煙草吸われますか?」
あのなぁ、俺が平成生まれに見えるのか?
どっから眺めても昭和の遺物を背負ってうろついてるおっさんだろうが!
俺らにとっては、喫が七割、茶が三割で、喫茶店なんだよ!
「いや、なんか吸われるみたいだったんで、それならカウンター席にってことで」
「実は、わたしも吸うんで」
実はって、告げるほどのことなのかよ!
「もうこの辺りも駄目だな、まともな喫茶店ひとつもないよなぁ」
「あぁ、やっぱりお客さんもですかぁ」
「いや、そうやって愚痴りながら此処に流れ着く方が時々おられるんでね」
「たいていお客さんくらいの歳で、風体もそんな感じで」
「もう常連の社長さんにそっくりなんで、入ってこられた時ビックリしたくらいですよ」
「そいつもロクな奴じゃないだろ?客の筋は選んだ方良いよ、でないと店潰れんぞ」
「そっかぁ、それでうちしんどいんだぁ」
笑ってる場合かぁ!
「こんな坂の上の喫茶店には、なかなかひと来ないんですよ」
「そこまで分かってんなら、なんで此処なんだよ?」
「だから、お客さんみたいな昔の北野はって愚痴るひとのために、なんとかやってんですよ」
「雇われの身だったんですけど、オーナーがやめるって言うんで、俺が買取って続けることに」
「前のオーナーは、またなんで?」
「儲からないからやってられないって」
「まぁ、都合俺で三人目なんですけど」
「えっ?その前にも喫茶店此処でやって儲からなくってやめたひといんの?」
「えぇ、最初が北野珈琲館で、次が萩原珈琲館で、その次が俺なんですけどね」
「ある意味、あんた凄ぇなぁ」
そんな話の最中、このおとこ、いきなりシェイカーを振り始めた。
「おいおい、まさかの Cafe Shakerato ってかぁ?」
伊人は、 溶けた氷によって珈琲が薄まるのを極端に嫌う。
シェイカーにエスプレッソと氷と砂糖を入れシェイクすることで急冷した後、グラスに注ぐ。
Cafe Shakerato とは、伊式 Iced Coffee の類で、伊人の珈琲へのこだわりが産んだ面倒臭い飲み物だ。
「これ旨いわ!」
珈琲豆や焙煎の蘊蓄を語るほどに通じてはいないけれど。
この芳ばしい苦味とほのかな甘みは、確かに旨い。
そして Cafe Shakerato 独特の冷たさは、氷の鋭角なそれとは全く異なる柔らかさで心地よい。
「正確にはドリップなんで Cafe Shakerato とは違うんですけど、元々バーテンダーだったもんで」
「ふ〜ん、それで Shaking なのかぁ」
最初は、無愛想だと思ったが、この楠木というおとこなかなかに面白い。
誰が商っても駄目だった場所で、曲者の客相手に、シェイカーで珈琲を淹れて、異人街の昔を語る。
このおとこが淹れてくれた珈琲には。
かつて、Snobbism が漂う異人街だった頃の名残が、微かではあるけれど香っているように想う。
ハンター坂をわざわざ上って、一杯の珈琲を飲んで、また坂を下る。
ただそれだけ。

坂の上にそんな喫茶店がある。

 

 

 

Category :

五百十話 異人街

 

“ おとな ” という言葉をよく耳にする。
“ おとなの ” とか “ おとなな ” とか、おとなを謳い文句にして何かを訴えたいのだろうけれど。
上等のおとなだけを相手にして飯が食える商いなんて、もうこの国にはないんじゃないかなぁ。
そもそも上等のおとながいるかどうかさえも怪しい。
つくづくみっともない次第になったもんだと想う。
もっとも、その次第を招いたのは誰あろう俺たちだ。
あの怖くて、無茶苦茶で、格好良かったかつてのおとな達を真似ようとしたんだけど駄目だった。
春節祭の神戸元町。
喧騒の中華街が我慢できず坂を登って北野町へと逃れた。
神戸北野町には、ふたつの違った顔がある。
ひとつは、異人館目当ての観光客で賑わう昼の顔。
もうひとつは、会員制の BAR やマニアックな飯屋や休息専用と書かれたホテルといった夜の顔。
怪しげな夜の顔は、昼には覗き見ることさえかなわないといった不思議な街。
北野町という箪笥には、昼の引出しと夜の引出しがあって、同時に開けられることは決してない。
学生当時、嫁が異人館で広報案内のアルバイトをしていた縁で、よくこの街をうろついていた。
たまに通ったあの喫茶店は、まだあるのだろうか?
低層アパートの二階。
剥き出しのコンクリート壁にモノクローム写真が掛けられただけの装いで、それがまた洒落ていた。
家業が休息専用ホテルという友人が、この界隈にいて。
よく受付でアルバイトさせてと頼んだけど、一度も雇ってくれなかった甲斐のない奴。
そいつの話では、喫茶店のオーナーは若い写真家だったらしい。
色のない写真を眺めながら、流れるボサノバを聞き、煙草と珈琲が混ざった匂いを嗅いで過ごす。
くだらないガキに、ちょっとおとなになったと勘違いさせてくれた。
低層 アパートは、汚く古びてはいたけれどまだあって、Café OPEN の札が掲げてある。
扉を開けた。
突然、タンゴのビートに包まれる。
広い床面の中央では。中南米風の男女が踊っている。
入口付近には、リズムを刻む先生みたいなのが。
みんな派手好きの妖怪みたいな格好をしていて、顔はマジで、踊りはガチだ。
えっと?
ここなに?
と、尋ねたいけどとても訊ける雰囲気ではない。
怖いんですけど。
そっと扉を閉めて、見なかったことにする。
錆だらけの階段を降り、ちいさな案内板に目を通した。
Argentine Tango School & Café
なるほどですね、タンゴ教室なのかぁ。
にしても & Café って、あのアウェイ空間で珈琲すすれる日本人がいたらお目にかかりたいわ!
一応の納得に満足していると、目の前にワゴン車が停まって五人の外人が降りてきた。
こっちを睨みやがった。
睨むんじゃねぇよ!このアルゼンチン野郎がぁ!
図らずも異人のコミュニティーに迷い込んだがために、悶着が生じる。
これは神戸あるあるで、意外と神戸人は外国人に寛容ではない。
そして、その外国人も他国の外国人に同じく寛容ではない。
学校でも、職場でも、街中でも、表面を繕って暮らしているという一面がある。
まぁ、この日は、相手の人数も多いし、派手好き妖怪の衝撃もあって、こっちの尻尾を巻く。
にしても、もうあの頃のような喫茶店は、この街にもないのかもしれない。
いや、どこかに一軒くらいは。
とにかく、異人館の STARBUCKS で、なんちゃらラテを飲むような恥ずかしい真似だけは御免だ。
そんなことをするくらいなら、公園で水道水をすすった方がマシだろう。
そうして彷徨った挙句に、ようやく一軒の喫茶店にたどり着いた。

次回に。

Category :

五百九話 仕立屋の帽子

もうずいぶん前から、帽子を年中被っている。
ほぼ被らない日はないくらいに。
数も Béret 以外だいたいの型を持っていて、その日の気分で選ぶ。
似合う似合わないはあるのだろうけれど、そういったことはあまり気にしない。
被ってさえいれば落ち着くといった具合で、まぁ、下着の感覚に近いような。
それに、ボサボサの髪でも、被ってさえいればわからない。
帽子が流行りだしてから売上が落ちたと散髪屋が嘆いていたから。
無精な帽子愛用者も結構いるのだと思う。
職業的な興味も帽子にはある。
平面の布を、様々な製法を用いてここまで立体的に仕上げる技は服屋にはない。
正しくは、近い技はあるのだけれど、そこまでする必要がないのかも。
とにかく、ちゃんとした帽子を仕立てるとなると、服とは違った高い技術が要求される。
だから、服屋が創る帽子はあまり信用してこなかった。
店で扱う帽子も、そのほとんどを帽子職人に依頼してきた。
ちょうど一年前、The Crooked Tailor の中村冴希君から Hat を創りたいという話を聞く。
一流の仕立屋としての腕は補償するけど、帽子となるとちょっとなぁ。
で、Full Hand Made だとしても、値も結構高けぇなぁ。
そう思ったけど、本人がやるというのだから敢えて止めることもない。
だいたい止めたところで、他人の言うことに耳なんて貸す相手ではないことを知っている。
そんなやりとりをすっかり忘れていた先日、箱に納められた帽子がひとつ届く。
冴希君の帽子だ。
クラウンが奇妙に高い Bucket Hat のような Mountain Hat のような。
また、変なものを。
とりあえず被ってみる。
驚くほど被りやすく、絶妙の締め付けで心地よく頭部におさまる。
被り心地で言えば、手持ちのどの帽子より優れているかもしれない。
高いクラウンもほどよく崩れて、独特の調子を頭頂部に与えてくれる。
気取りない Hat だが、印象として品が良い。
庇の裏には、同布が充てがわれ、細かな運針による六本のステッチで芯と共に据えている。
布の重なりによって庇の縁が固くなるのを嫌い、裏布は断ち切りで。
さらに断ち切った縁を、恐ろしく細かい手まつりで縫い仕上げてある。
細密な計算と尽きない精魂の為せる業だと感心させられた。
っうか、もう病気だ。
だけど、この帽子を買う何人の方がそれに気づくのだろうか?
いや、気づかない方はそもそも買わないんだろうな。
ここまでくると、もはや服飾ではなくて工芸の域だから。
なぁ、中村冴希君、前から忠告してるけど。
一度、良い医者に診てもらった方がいいよ。

同病の俺が言うんだから、間違いないって。

Category :

五百八話 世紀の一戦! 

平昌冬季五輪。
一週間もあれば日本は超えられる。
って、最強国阿蘭陀に言われながら挑んだ決勝戦。
勝った!
勝ちました!
Speed Skating Team Pursuit 日本女子 金メダル!
佐藤綾乃選手・菊池彩花選手・高木美帆選手・高木菜那選手
おめでとうございます 。
柔の日本が、剛の阿蘭陀を制した。
日本らしい技の勝利で、なんかとても嬉しい。
そして、Johan De Wit 日本代表コーチほんとうにありがとうございました。
Edam 出身で阿蘭陀の方らしいですね。

阿蘭陀の女子選手達ちょっと睨んでたみたいだったけど、大丈夫?

Category :

五百七話 藤田嗣治が遺したもの

すべての資産をつぎ込んで、それでも足りずに借金してまでも手に入れたいもの。
そこまでのものに出遭える機会は、そうはない。
でも、人生で一度くらいはあるかも。
ちょうど三〇年前、二八才当時、場所は巴里。
Saint Louis 島には、老舗の画廊が まだ多く立ち並んでいて、その店屋もそのなかの一軒だった。
硝子窓から覗くと、奥に立てかけてあった一枚の絵が目に入る。
うずくまった猫の素描で、F4号くらい。
ほぼ輪郭だけで、眼だけが 精緻に描かれていた。
藤田嗣治?
店に入って、恐る恐る店主に尋ねる。
Oui Léonard Foujita .
マジ かぁ! だけど、どこにも署名ねぇじゃん。
そう口にしたわけではなかったが、察した店主は、額装を解いて絵の裏面を見せてくれた。
仏語で三行くらいの文章に添えて、「嗣治」の署名が記されてある。
勤人の懐事情でおいそれと叩ける金額ではない、だけどそれでも無理をすれば素描作品なら。
C’est combien ?
相手もこんな若造が買うわけねぇだろうと思ったに違いない。
Est-ce que vous êtes japonais ?
日本人と知って英語に切替えてくれた。
This is not for sell.
画商が絵を売らない?
Monsieur Fujita should be in France.
and Work of Fujita should be also in France.
藤田は仏にいるべきで、藤田の作品もまた仏にあるべきだ。
初老の店主はそう言って、買わない客に。
額に戻した絵を古壁に掛け、その前に椅子を置き、珈琲を淹れてくれた。
Until all you want.
気のすむまで。
三〇年後の昨日。
大谷記念美術館で藤田嗣治没後五〇年展を観た。
藤田嗣治の心中を語る多くの私信も公開されている。
「私が日本を捨てたのではない、日本に捨てられたのだ」
戦時下において戦争記録画を描いた戦犯として、日本美術界から追放された藤田自身の言葉で。
戦後処理の生贄にされたことへの怨みが込められている。
日本を追われるように渡仏した藤田は、日本国籍を抹消し仏国籍を一九五五年に取得した。
名も Léonard Foujita と改め、以後仏人として生き一九六八年仏人として逝った。
その間の存命中、日本美術界が藤田の画業を正当に評価したことは一度としてない。
École de Paris を代表する画家として評価し、仏最高勲章を授け、画業を支持し続けたのは仏である。
没後、藤田君代夫人は、近代日本画家作品集への収録をお断りになられたと聞く。
もはや、遺族にとっても、近代美術史においても、藤田嗣治は日本人画家ではない。
Léonard Foujita という仏人画家なのだ。
画廊の店主が抱く藤田への想いもこうした経緯からだったのだろう。

Jean Cocteau と映る在りし日の Léonard Foujita 。
その姿も、生き方も、女遍歴も、そして作品も、最高に垢抜けていて格好良い。

藤田嗣治が遺したものは大きく、日本が失ったものも大きい。

 

 

Category :

五百六話 Trattoria の頂へ

昔、仕事仲間の伊人と伊料理を食いながら伊料理の話になった。
「伊料理 は、何処で食うのが一番旨いか?」
肉なら Toscana 州 Firenze ? 魚介なら Napoli ?  Palermo ?
村ごとに食材も調理形態も異なる伊料理だから、一概にこの地方とかこの街とかは言えないだろう。
一般論であったとしても、その答えは難しい。
そう考えていたのだが、当の伊人の答は意外だった。
「一番が New York で、二番が Tokyo か? いや逆で、一番は Tokyo かも」
「マジでかぁ?」
「Si ! 」
その東京の伊料理屋 が、あの店屋だけには敵わないと評する名店が在る。
それも、明石に。

TRATTORIA PIZZERIA CiRO

海辺の家から一〇分程度という目と鼻のところに在る。
しかし、目と鼻だからいつでも食えるという訳にはいかない。
五度予約して一度ありつければ良い方で、二週間前から受付けるという予約も数分で決着する。
一年前の移転後、店が大きくなって改善されると期待していたのだが見事に裏切られた。
CIRO の噂を聞きつけた友人や親戚から連れていけと言われるのだが、そうは簡単にいかないのだ。
Chef 小谷聡一郎氏とPizzaiolo の紀三子さんが始められたちいさな伊料理店は、今や伝説の域にある。
二〇〇〇年当時、Associazione Verace Pizza Napoletana が認めた外国人職人はふたりしかいない。
New York にひとり、もうひとりが奥様の小谷紀三子さんだった。
日本人初、女性の Pizzaiolo というだけでも十分に伝説だろう。
また、御主人の小谷聡一郎氏も Napoli では知られた料理人だったらしい。
そうした最強のふたりが営む CIRO の味は、旨いを超えて凄い。
幾度通っても、その都度驚かされる一皿が供される。
先日もそうだった。
牡蠣と白隠元豆のショート・パスタ。
牡蠣の旨味が、絡むというよりパスタに練りこまれたような 味わいで。
白隠元豆の食感によってさらに引立つ。
もう何がどうなっているのか、わからないくらいに旨い。
奥様が焼く Pizza は、もちろんだが。
Antipasto、Primo Piatto、Secondo Piatto、Dolce に至るまで、客を引きつけて離さない。
店内は、幼児も年寄りもあらゆる年齢層の客で賑わう。
その誰もが、幸せそうに卓を囲んで過ごしている。
Trattoria とは、大衆食堂。
その Trattoria の頂に CIRO はある。
店先の魚河岸で昼網の競りが始まる正午前。
頂への扉も開く。
そして、その日水揚げされた魚が、ピザ窯でグリルして供される。

ここは、Napoli か?

 

 

 

 

 

 

 

 

Category :

五百五話 竹ヶ原敏之介が創る靴

付合いが長くなると。
逢っていなくても、創った作品を見れば、そのひとが好調かそうでないかおおよそ解る。
暮れに、一足の靴が届いた。
Climbing Boots なんだけど。
甲を覆うように、白い毛皮が装着されている。
この毛皮? ひょっとしてアザラシ?
あいもかわらず 、懲りないおとこだ。
たんなる流行りなんだから、何もそこまでしなくてもいいだろう。
という実利の良識は、このおとこにはない!
そもそも、靴の甲を毛皮で覆うことが格好良いとも考えていないはずだ。
否定と嫌悪を完璧なかたちにして、ひとりで悦に浸っている。
そうしたほとんど誰にも理解されない変態行為に耽った挙句が。

この Climbing Boots だ!
靴本体の製法、素材の Oiled Leather はもちろん。
底部の Vibram 社製 Tweety Sole 、かしめられた特注金具、靴紐に至るまで。
安価な妥協は一切見受けられない。
古典的な佇まいに先鋭の意匠を纏う靴だが。
騙されてはいけない。
これは、センスの良いデザイナーが創る流行を取入れたお洒落な靴とは、まったく違う。
屈折して歪んだ精神から産まれた反逆の靴だ。
そして、僕は、竹ヶ原敏之介君が創るこうした PUNK な靴を今でもずっと愛している。

ところで、調子良さそうだね?

Category :