カテゴリー別アーカイブ:

五百八十三話 仮想から理想へ、そして、想像から創造へ。

“ TSUBURAYA EXHIBITION 2021 ” コロナ禍だろうとなんだろうと、詣でないという選択肢はない! 問題はいつお参りするかだが、終盤の昨日にした。 兵庫県立美術館へ。 館地下の駐車場は満杯。 会場受付には夏休み中の子供、その息子以上に興奮している父親、開催期間中無限に通うオタク。 そして、無理矢理連れ出されて不機嫌な母親や嫁達で溢れている。 コロナ禍の開催終盤にして、この人気とはなぁ。 昭和という時代。 映像・音楽業界の天才達が、寝食を厭わず取り組んだ傑作中の傑作 “ ウルトラ・シリーズ  ” 一九六六年一月二日、その初号となる “ ウルトラQ ” が TV放映される。 全編映画用三五ミリ・フィルムでの撮影という常識外れの制作体制で臨んだ作品だった。 僕は、当時、後数日で六歳になるという頃。 一族郎党の皆が映画人という奇妙な家に産まれ、“ TV は敵だ!” という空気を吸って育った。 “ 活動屋の息子が、TV なんか観るな!” という斜陽側の屁理屈を押付られる。 正月の二日は、映画人にとっての掻き入れ刻、子供達は劇場にほったらかしにされる。 おとなの目を盗んで、裏手の事務所でひとつ歳上の従兄弟と禁断のテレビにかじりついて観た。 古代怪獣ゴメスが目に飛び込んでくる。 もう鼻血が吹き出すほどの興奮で、原始怪鳥リトラが登場する頃には気絶しそうだった。 そして、同じ年の七月、巨大変身ヒーロー 「 ウルトラマン … 続きを読む

Category :

五百八十一話 狂騒の時代が、今にもたらした惨事

Cornelius 小山田圭吾に続いて、Rahmens 小林賢太郎までもかぁ! 音楽・演出担当の辞任解任という東京五輪開会式を明日に控えてのこの惨事。 まぁ、そりゃぁ、こうなるわなぁ。 何者なのか?と訊かれて。 九〇年代の Sub Culture Scene を想起しない業界関係者はまず日本にはいないだろう。 では、このふたりが傾倒し担った九〇年代の Sub Culture とは何だったのか? 九〇年代は、写真にある Sub Culture 史の中でも特異で異様な時代だった。 その表現には、大抵の場合、世紀末・悪趣味・鬼畜・叛逆などの言葉が躍る。 狂気に満ちたこの時代の提唱者だった故・村崎百郎さんの言葉を借りると。 “ 徹頭徹尾加害者であることを選び、己の快楽原則に忠実に生きる利己的なライフスタイル ” この文脈が全てを語っているかどうかは疑わしいが、何らかの闇を孕んでいたには違いない。 それは、倫理的に完全に間違った闇で、次世紀に於いて決して容認されない闇だった。 しかし、九〇年代。 創作に関わる分野で、こうした闇に救いを求めたひとは多くいたと記憶している。 自身も決して無縁だったとは言い切れない。 そして、今でも周りには 九〇年代の Sub Culture を引きずっているデザイナーがいるのも事実だ。 そこで、今回の惨事である。 九〇年代の Sub Culture を全く理解していなかった人達が、人選したとしても許されない。 そもそも Sub Culture とは、主流文化の価値観に反する少数集団を担い手とする文化である。 … 続きを読む

Category :

五百八十話 接種完了!

初回接種から三週間経った昨日、二回目の接種を終えた。 一夜明けて。 腕は痛いものの、なんの変化もなし。 頭が痛いわけでもないし、熱があるわけでもないし、身体がだるいわけでもない。 こんな調子で、抗体できんのかなぁ? 副反応があったらあったで鬱陶しいし、逆になかったらないで効果を疑う。 ワクチンとは、結構面倒臭い代物だ。 しかし、先端科学技術の結晶を我身をもって体感できるというのは、ちょっと嬉しい。 昔、接種時に小学校で教わったワクチンの原理を思い出した。 感染した状況を擬似的に誘発させ、対抗する免疫を人為的に体内で形成させる手段である。 そう述べた保健教員に対して、同級のひとりが歓声をあげた。 「仮面ライダーや!」 生体置換技術によって身体を変異させ武装強化するという発想は、確かに近いかもしれない。 この同級生にとっては、注射の恐怖より仮面ライダーへの期待と感動の方が遥かに大きかった。 そして、残念なことに仮面ライダーにはなれなかったが、後に生化学の研究者としては成功した。 そんな頃から半世紀経った今、人類はコロナ禍を生きている。 地球規模の大量ワクチンを一日も早く!を、世界は願ったけれど。 それには、ウイルスを大量に培養し複製しなければならない。 隔離製造施設建設を含め膨大な時間を要する旧来型の手法では、到底間に合わないのではないか? 実際そういう報道もされていた中、 人類は、“ Messenger RNA Vaccine ” なるものを生み出した。 スパイク蛋白質の設計図を脂質の殻で保護し、人体に送り込む。 設計図に基づいたスパイク蛋白質が体内で形成され、免疫の発動を促し抗体をつくる。 しかも、スパイク蛋白質( mRNA )は、分解し人間のDNAが存在する細胞核には侵入できない。 よって、ヒトの細胞内に取り込まれることはないとされている。 結果、攻撃方法を覚えこまされた免疫細胞が、効率的にウイルスを撃退するという。 もちろん “ Messenger RNA Vaccine ” 作成には、ウイルスそのものは必要としない。 培養も複製の手間も要らず、遺伝子情報だけで開発が進められる。 … 続きを読む

Category :

五百七十九話 Science will win !

昨日、市役所から接種券が届く。 摂取予約が大変だと聞いていたので、近所で開業している知合いの医者に尋ねてみることにする。 「摂取券届いたんだけど、予約どうしたらいいの?」 「券は手元にあんの? だったら、それ持って明日にでも来て」 「えっ!明日?だったら、嫁も一緒に行っていいかな?」 「じゃぁ、ふたりでおいで」 六五歳以下は、まだ先だと思っていたし、打てる時に打てればそれで良いという腹づもりだった。 それが、昨日の今日で摂取になろうとは、それも歩いて五分もかからない場所で。 ありがたいような、申し訳ないような気もするけれど、拒む理由もない。 とりあえず、夫婦で摂取することにした。 本日が一回目、三週間後に二回目ということで、摂取完了は七月中旬になる。 PFIZER 製 COVIT-19 VACCINE 効能や副反応も含めて、詳しくは知らない。 けれど、人類の HERO と謳われる PFIZER 社の CEO はこう云う。 “ Science will win ! ” だと、良いけどな。  

Category :

五百七十五話 生きろ。

毎週の木曜日に食材の宅配便が届くことになっている。 不在時は、専用箱に梱包されて玄関先に置かれる。 海辺の家から北摂の本宅に戻って来た嫁が、最初にやるのはこの箱の回収だ。 この日もそうだった。 「なにこれ!ありえんわぁ!」 目にした惨状は、これ。 「なんてことしてくれんのよ!誰!」 注文先の業者に報告するための 現場写真を撮りながら、嫁の怒りは MAX へ。 確かに、これは酷い。 あらゆるものを開封し、味見し、食えるものはすべて食ったというのがわかる。 写真では伝わらないが、その残骸は、玄関先に留まらず石段まで広がっている始末だ。 「これは、わたしへの挑戦だわ!許せない!絶対に許さないから!」 「いや、まぁ、お怒りはごもっともだけど、誰の仕業なのかわかんないから」 兎にも角にも、業者に事件概要を伝えることにする。 「ああぁ〜、それは鴉ですねぇ、厳重に梱包していたつもりなんですがねぇ」 「本日お届けした商品で、在庫のあるものは改めて明日お持ちするようにいたします」 今回は、不在を予定していたので、生ものの被害はなかったものの、鴉の好き嫌いは見て取れる。 ミートソースは大好き、コンソメも好き、無添加出汁の素はまぁまぁ好き、青汁は嫌い。 本日の献立では、大体そんなところだ。 翌日、再配達にやってきた業者の情報によると、最近こういった被害が急増しているらしい。 コロナ禍の緊急事態宣言による飲食店営業自粛要請で、残飯が街場から消えたことが原因だと言う。 ひとも鴉も同じコミュニティーに暮らせば、同じ事態に見舞われる。 外食出来ないのは、なにも人間だけではない。 そう想うと、腹の虫も幾分治るというものだ。 まぁ、死なない程度に食って暮らしていく他ないからね。 ひとも鴉も、生きろ。

Category :

五百七十二話 緊急事態宣言!

三度目となる緊急事態宣言が、間もなく発出されるらしい。 あれもするな!これもするな! 言われりゃ、その通りにさせてもらうつもりではいるけれど。 街場には、 そうも云っておれない方も多くいらっしゃると思う。 百貨店への協力金として日額二〇万円を支給って? 客単価じゃないんだから。 なんだかなぁ。    

Category :

五百六十五話 鬼滅!

二月二日。 明治三〇年以来、一二四年ぶりに二月二日が節分になるらしい。 俺にとっては、暦計算なんて果てしなくどうでも良い 情報だ。 そもそも、我家には、恵方巻なんて意味不明の食いものを食する習慣はない。 しかし、この時節、魔除と聞いては、やらないわけにもいかないだろう。 即席ワクチンも豆撒きも同じようなもんだ。 鬼役は似合わないので、 適役の嫁にやってもらう。 「ねぇ、あんた、このお面いる?」 「冥土に送ってやろうか!」 さすが、見事に完璧な鬼と化している。 鬼は外!福は内! 一日も早い日常の回復を願って。

Category :

五百六十一話 今年こそ

明けましておめでとうございます。 厳しい状況で、新年を迎えることになってしまいましたが、今年こそは良い年となりますように。 皆さまが、息災であられますよう心から願っております。  

Category :

五百五十九話 地味に聖夜を

行動自粛要請下の二〇二〇年十二月二四日。 ふたりっきりの “ Christmas Eve ” を海辺の家で過ごす羽目に。 まぁ、しょうがないわなぁ。 誰も来ないんだから、飾りつけも適当に安上がりに済まそうとなる。 UNDERCOVERの服に付いてた値札を貼り付けてそれらしくした嫁自前の “ Christmas Wreath ” 。 Florist として活躍しているお隣の幼馴染を煽てせしめた “ Swag ” 。 そして、嫁作成の “ Flower Arrangement ” の真ん中に蝋燭をブッ立ててやった。 なんか花屋の店先のような感じではあるものの、それはそれなりで悪くないような。 長年 Fashion 稼業に就いているとあざとい技も知恵も身につくもんだ。 還暦を過ぎて、ふたりっきりで過ごす聖夜。 なんだぁ、これ! さっぱり盛りあがらんわぁ!  

Category :

五百五十八話 阿吽画

嫁が、玄関の収納扉が使いにくいからと建具屋を呼んだ。 片開きの扉を両開きに変更するらしい。 作って一年も経たない片開きの扉は、嫁の一言で廃棄。 新たな観音開きの扉を製作することに。 ついでに、玄関がもう少し明るくなるよう扉に何んか描いてくれと言う。 もちろん建具屋は絵なんて描かないから、僕が描くしかない。 玄関に描くにふさわしい題材は? そこで、寺や神社の入口に必ずいる仁王像や狛犬を思い出した。 決まって、一方が口を開いていて、もう一方が口を結んでいるあれだ。 サンスクリット文字配列は、まったく妨げのない状態で口を開いた 「阿」から始まる。 そして、 口を完全に閉じた「吽」で終わる。 古来より、日本人は、人間の間柄における状態を表す言葉として用いてきた。 ふたりが、呼吸まで合わせるように共に行動しているさまを「阿吽の呼吸」と言ったりする。 夫婦円満・家内安全・魔除など、なんかよくわかんないけど良いような気がする。 しかし、まさか仁王や狛犬を玄関に描くわけにもいかない。 そういや、 Alice’s Adventures in Wonderland の挿絵にそんなのがあったような。 一方が口を開いていて、もう一方が口を結んでいる百合の妖精だか魔女だかの絵だった。 英国の風刺画家 John Tenniel が、一五〇年ほど昔に描いたちいさな挿絵だ。 これを、襖絵のように描けば良い感じに仕立てられるかも。 下絵から仕上げまで五日を要して、描き終えたのがこれ。 「阿形の百合」  「吽形の百合」 嫁が。 ジジイにしては、良い腕してんじゃん。 俺を、誰だと思ってんだぁ!  

Category :