カテゴリー別アーカイブ:

五百三十六話 古材柱

海辺の家を改築し始めてから、間も無く四ヵ月が経とうとしている。 で、その進捗はというと未だ半分にもならない。 工務店の担当者に。 「ねぇ、家建てるのって、もうちょと楽しいもんだと思ってたけど、全然楽しくねぇんだけど」 「こんなもんなの?」 「いやいや、段々とできてくると気分もあがってきますから」 って、いつのはなしだよ? 古館の改築は、図面通りにはいかない。 半年かけて建築家の先生がひいた設計図面も、解体してみると現実的ではない部分もある。 その都度、再考し仕様を変更していく。 どうしても手探りの作業を強いられる。 棟梁が。 「ご主人、二階の柱二本が、図面通りには抜けませんねぇ」 「柱を新材に入れ替えて残さざるをえないんですけど、真新しいのが露出しても良いですか?」 「まずいなぁ、ここにピッカピッカの白木の柱はないよなぁ」 「どうしますか?塗装でなんとか誤魔化します?」 「誤魔化すっても、太柱二本となると面が広すぎて無理じゃない?」 「ちょっと知ってる古材屋に訊いてみるわ」 そんなこんなで、古材屋の倉庫に。 “ BULLET JAPAN ” 古材輸入建材の扱いでは知られた会社で、名たる店舗の内装を手掛けてきた。 あるある、ところ狭しと解体古材が並んでいる。 百年以上の歳月を風雨に晒されて過ごしてきた木材は、やはり迫力がちがう。 が、しかし、住居内装に使用するには、古材としての主張が強すぎて使いづらい。 店舗材と住居材では、目指すところがどうしても異なる。 案内してくれた男前の若い職人に。 「もうちょっと節度のある古材ってないの?」 「はぁ?」 「いや、築七〇年くらいの家にあった柱とか」 「ないですけど、経年変化を想定してつくれますよ、僕でよければですけど」 「あのさぁ、俺、おんなだったらキミに惚れてるわ」 「ありがとうございます」 「でも、結構です!注文だけで」 「あっ、そう、じゃぁ注文するわ」 傷跡の程度や色合いを相談して、工程上一週間ほど要するという時間を待つ。 「一ヵ月程度で色は落ち着いてきますけど、これでいかがでしょう?」 「ありがとう!良い腕してるわ!」 … 続きを読む

Category :

五百三十五話 新元号

平成三一年四月一日昼。 “ 大化 ” より数えて二四八番目の新元号が、国民に無事伝えらた。 「 令 和 」 まさかの 万葉集からの出典らしいけど、日本の情緒が込められた素晴らしい元号だと想う。 おめでとうございます。    

Category :

五百三十四話 六本木歌舞伎 “ 羅生門 “ 

新元号を迎えると、市川團十郎白猿が誕生する。 期間限定、平成十一代 市川海老蔵の舞台姿もそろそろ見納めかという今日この頃。 原作 芥川龍之介 演出 三池崇 六本木歌舞伎 第三弾 “ 羅生門 ” 大阪公演を観た。 第三弾の共演者は、“ V6 ” の三宅健らしい。 そう耳にしても顔すら思い浮かばんけど。 第二段 ” 座頭市 ” では、女優寺島しのぶさん。 オンナの次は、アイドル? まぁ、客としては、木戸銭分楽しませていただければつべこべいう筋合いではない。 そもそも、文句を口にするほど歌舞伎にも芝居にも通じてはいないから。 そんな俄客でも ” 座頭市 ” の寺島しのぶさんは艶っぽく映ったし、舞台も充分に面白かった。 しかし、気になるのは演目だ。 芥川龍之介の “ 羅生門 ” って、登場人物はふたりだけだったような。 たしか、老婆と下人。 となると、市川海老蔵と三宅健のふたり芝居? 早変りもなし? 序幕 第一場 羅生門 いきなり、芥川作品には描かれていない場面が舞台に。 市川海老蔵演じる渡辺綱と市川右團次演じる茨木童子の大立ち回りから始まる。 幕前の武者と鬼の斬り合いの後、幕があがり荒れ果てた羅生門が闇の中に浮かぶ。 … 続きを読む

Category :

五百三十三話 傷跡

一九五〇年頃の木造家屋は、そのほとんどが布基礎を土台として建てられた。 布基礎は、建物の壁に沿ってコンクリートを打って造る。 なので、床を捲れば、下には土の地面が覗く。 海辺の家も、そういう具合になっている。 基礎の補強もあって、床材を剥がして床下を確認した。 現場監督、家曳屋、建築家、施主、その場に居た皆が顔を合わせて。 「見た?」 「見たよね?」 幅一〇センチ長さが二メートルほどだろうか、地面に亀裂が走っている。 深さは、相当に深く実際にはどれくらいなのか?見当がつかない。 「これが傾きの原因かぁ、怖ぁ!」 「しかし、よくまぁ、ご両親もご無事で」 地面がこれだけの始末なのに、建屋自体には、傾いているものの構造上大きな問題はなさそうだ。 木と土で建てられた古屋も馬鹿にしたものではない。 結果として家人を守ったんだから。 それにしも、この辺りの硬い地盤を裂くとは、地震の怖さを改めて知る。 そして、今も国道沿いに遺る地震の遺構が思い浮んだ。 そりゃぁ、高速道路の橋脚を捻じ切るほどだから、もう何をやっても無駄のような気もするけれど。 そんな諦めの境地でいたのに。 「こうやって、見ちゃったらしょうがないよねぇ」 「布基礎のコンクリートを打替えて補強するつもりだったけど、見ちゃったらそうもいかない」 「えっ?そうもいかないって?じゃぁ、どうすんの?」 「硬い地盤まで杭を打って、ベタ基礎に変更して、衝撃を強固な面で受ける方向でやるかぁ」 「いやいや、それってもはや補強じゃないだろ?新たな基礎をってはなしじゃないの?」 「そんなの誰が銭払うの?」 「それは、もうご主人が」 「阿保かぁ!」 「いや、うちはもともと基礎屋出身だから、この手の仕事には良い腕してっから」 「そういうはなししてんじゃないだろう!銭をどうするんだって言ってんだよ!」 「だからぁ、それは、ご主人が」 建築家の先生に訊く。 「先生の見解はどうなの?」 「まぁね、お金は持って死ねないから」 「うるせぇよ!」 ほんと、見なきゃ良かった。

Category :

五百三十二話 家曳き屋

海辺の家は、二四年前の大震災で大きな傷を負っている。 当時、一応の修繕は施したものの元通りというにはほど遠い。 何度かちゃんと治そうという話もあったが、病を抱えた高齢の家主は踏み切らなかった。 「わたしが逝った後で、あんた達の好きなようにしなさい」 義母は、そう言っていた。 好きなようにと言われて、義父や義母の趣味に合わない家を、潰して建替えたのでは身も蓋もない。 そこが、まったく厄介だ。 家は、西側部分の傷みが特にひどい。 建築家の先生の見解としては。 「西側平屋部分だけは、さすがに新築された方が、費用的にも手間的にも良いと思うけど、駄目?」 西側の端は納戸になっていて、家の三分の一ほどの床面がその方向に傾いている。 床面を水平にするには、家全体を持ち上げて基礎全面をやりかえなければならない。 屋根瓦・壁・床を撤去して家を軽くした後、水平値にまであげる。 その際、もの凄い衝撃と負荷が家に加わる。 築七〇年近いこの家は、それに耐えるのだろうか? 一体誰が?どうやってあげるのか? 建築会社が方々をあたり、そして、やって来たのがこの連中。 鳥取県に在る “ 鈴木家曳業 ” の鈴木さん。 作業着の胸には、◯ に “ 曳 ” の一文字が描かれている。 なんかこうとても頼りがいがありそな雰囲気がするんだけど。 っうか、家曳業なんていう稼業があんの? 「まぁ、家あげて曳くだけなんだけど、ちょっととりあえず図面みせて」 「あぁ、ここね、随分と下がってるねぇ」 「可能ですか?」 「えっ?なにが?」 「いや、水平になるかどうかですけど」 「なるよ」 腕の良い職人ほど、自らの仕事をいとも簡単に言う。 「家への負荷は、やはり相当なものなんでしょうね?」 「負荷?そんなものかかんないよ、瓦一枚落ちないから」 「でも、屋根瓦とか全部おろして軽くした方が」 … 続きを読む

Category :

五百三十一話 解体

遂に、というかようやく解体に。 海辺の家です。 解体屋さんが、人力で 丁重に進めてくれる。 硝子板に、床材に、天板など、再び使う部材を取出し、いらないものは撤去。 これから、家を上げ、梁を新しく何本か追加し、基礎を補強していく。 棟木を見上げると、御幣があった。 上棟式に、棟梁が飾ったのだろう。 嫁に訊くと、二度目に増築した際の扇らしい。 それでも半世紀以上前の話で、その記憶も怪しいのだが。 海辺の家には、これまで四人の棟梁が係わってきた。 この度の改築で、五人目となる。 昭和、平成、改築を終える頃には新しい年号を迎えているはず。 齢 六六歳の古館。 なんとか無事に良い住処となりますように。

Category :

五百三十話 あけまして、おめでとうございます。

あけまして、おめでとうございます。 亥の年、一二支の一二番目の年。 そして、この年で平成の世が終わるらしい。 昭和、平成と良いことも悪いこともあったけれど。 新しい元号の時代は、穏やかであって欲しい。 皆様にとって、良き年でありますように。  

Category :

五百二十九話 QUEEN

友人の弟から。 「BOHEMIAN RHAPSODY もう観ましたか?」 「あぁ 、なんか話題になってるみたいね」 「観ないとかなり後悔しますよ」 「ヘェ〜、そんなに 」 「僕なんか、毎週観て次で四回目ですから」 「マジでぇ?」 「毎回、泣けますよ」 「えっ?泣くの?」 生 Freddie ならわかるけど、所詮映画でしょ? 早速、嫁と劇場へ。 その嫁は、Queen を神と崇め、日本公演には二回、滞在しているホテルへも。 窓から顔を出してくれた四人を仰ぎ見たことが、この歳になっても自慢だ。 「わたしは、Roger Taylor のファン」 と他人に吹聴しているが、実は筋金入りの Freddie Mercury 信奉者だということを僕は知っている。 “ BOHEMIAN RHAPSODY ” を観た。 で、泣きました。 高校生の頃、ラジオの深夜放送から流れてきたこの曲を聴いた。 なに?これ? Ballard? Opera? Rock? 転調なんていう生易しいもんじゃない。 そもそも、これっていつ終わるの? そして、プロモーション・ビデオの映像を。 当時 … 続きを読む

Category :

五百二十七話 我楽多 

ご無沙汰です、このところちょっと忙しいもんで。 思ったより大変だわぁ。 七〇年近く経った家を改築するのは。 建築家の先生からも。 「新築された方が、費用的にも精神的にも楽にやれますよ」 「でも、改築の方向で進められるんですよね」 「うん」 「えっ? 聞こえない、そうなんですよね?」 「はい!そうです!」 とは、答えてはみたものの、具体的に話が進み始めると段々と不安になってくる。 世の中、七〇年も刻が経つと、ほとんどの事象が姿を変えてしまう。 建築もそうだ。 構造から建材まで、あらゆることが昔とは違う。 世間的には、七〇歳を過ぎた木造建築に価値などない。 ひと言で言ってしまえば、我楽多だ。 その我楽多を解体し、使えるものを拾い出し、修繕し、組立直す。 場合によっては、用途を違えてでも使う。 床材を壁面に、食器棚に嵌めらた硝子を扉にとかいった具合で。 その度に構造的に大丈夫か? 修繕は可能か? 面積的に足りるか?など。 いちいち検証していかなければならない。 家全体が、複雑なパズルのように思えてくる。 もちろん、どうしても足りないピースもあって。 例えば、いくつかのドアノブは使えるけど、必要な建具の数には全く足りない。 同じ年代の真鍮製のを購入すれば済むのだけれど、その販売先は? そんな面倒が、床から壁から天井から建具へと続く。 こうしてお伝えすると、どんな文化財的に価値のある館なんだと想像されるかもしれない。 自信をもってお答えします。 “ 海辺の家 ” は、自他共に認める立派なただのボロ屋です。 建築家の大先生が言うには。 「まぁ、ねぇ、家の価値観は人それぞれだから」 って、アンタも腹中で、我楽多だと思ってんじゃねぇか!

Category :

五百二十五話 千住博 と teamLab ★

水都 “ 大阪 ” には、たくさんの川が流れている。 そのうちのひとつ堂島川の畔に建てられた “ 堂島リバーフォーラム ” つい最近の施設のように思っていたけど、もう一〇年にもなるのだそうだ。 節目に、「水」をテーマにしたアート・イベントが催されるらしい。 手掛けたのは、日本画家 千住博と猪子寿之率いる teamLab★ どちらも、美術界の今を語るうえで欠かせない存在だろう。 Black Wave : Wander , Discover and Re-emerge 千住博筆の波が連綿と逆巻く様子が、壁一面に投影されている。 TECHNOLOGY と CREATIVE の境目は、どんどん曖昧になって、終いには消失する。 そう頭では、なんとなく理解できても感覚がついていかない。 この作品にしてもがそうだ。 波の挙動法則を、コンピューター内の三次元空間で模擬。 波自体を構成する粒子同士は相互に作用しながら、二次元の壁面上に平面化し投影される。 このわかったような、わからないような工程上の理屈が、純粋な鑑賞行為を妨げてしまう。 これが、千住画伯の作品原画だとそうはならないのだろうけれど。 やはり、どうもどこか馴染めない。 あたまと感覚が錆びついているからだと言われてしまえば、間違いなくそうだ。 ただ、興味深く感じたこともあった。 波は、壁面だけではなく、鑑賞者の衣服にも投影される。 白い服のひとは、壁面と同じく波が映され、黒い服のひとは、黒いシルエットが壁面に。 作品の内にあって、鑑賞というよりは、体感に近い不思議な同化現象を味わえる。 … 続きを読む

Category :