月別アーカイブ: February 2019

五百三十二話 家曳き屋

海辺の家は、二四年前の大震災で大きな傷を負っている。 当時、一応の修繕は施したものの元通りというにはほど遠い。 何度かちゃんと治そうという話もあったが、病を抱えた高齢の家主は踏み切らなかった。 「わたしが逝った後で、あんた達の好きなようにしなさい」 義母は、そう言っていた。 好きなようにと言われて、義父や義母の趣味に合わない家を、潰して建替えたのでは身も蓋もない。 そこが、まったく厄介だ。 家は、西側部分の傷みが特にひどい。 建築家の先生の見解としては。 「西側平屋部分だけは、さすがに新築された方が、費用的にも手間的にも良いと思うけど、駄目?」 西側の端は納戸になっていて、家の三分の一ほどの床面がその方向に傾いている。 床面を水平にするには、家全体を持ち上げて基礎全面をやりかえなければならない。 屋根瓦・壁・床を撤去して家を軽くした後、水平値にまであげる。 その際、もの凄い衝撃と負荷が家に加わる。 築七〇年近いこの家は、それに耐えるのだろうか? 一体誰が?どうやってあげるのか? 建築会社が方々をあたり、そして、やって来たのがこの連中。 鳥取県に在る “ 鈴木家曳業 ” の鈴木さん。 作業着の胸には、◯ に “ 曳 ” の一文字が描かれている。 なんかこうとても頼りがいがありそな雰囲気がするんだけど。 っうか、家曳業なんていう稼業があんの? 「まぁ、家あげて曳くだけなんだけど、ちょっととりあえず図面みせて」 「あぁ、ここね、随分と下がってるねぇ」 「可能ですか?」 「えっ?なにが?」 「いや、水平になるかどうかですけど」 「なるよ」 腕の良い職人ほど、自らの仕事をいとも簡単に言う。 「家への負荷は、やはり相当なものなんでしょうね?」 「負荷?そんなものかかんないよ、瓦一枚落ちないから」 「でも、屋根瓦とか全部おろして軽くした方が」 … 続きを読む

Category :